life~洋服作りと田舎暮し~

八ヶ岳の田舎暮しと洋服作りや子育て日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっとできました!

こちらはすっかり秋らしくなってきました。
すーっと吹く風がひんやりしていて冷たいです。こうなると秋になるのはあっという間
早くしなければ冬になってしまいます。
日照不足でどうなるかヒヤヒヤだった田んぼも、無事稲を付けて来て奇麗な黄金色に
なろうとしています。
去年は配り過ぎたせいか、とうとうこの時期になりお米が無くなってしまいました(笑)。
でも今年は親切なご近所さんが、小さな田んぼをかして下さいましたので、去年より
更に沢山採れる予定です☆このまま無事に育ってくれることを祈ってます!!

さて家のリフォーム、今年はほとんどやっておりませんでしたが、今年の目標としては、
トイレのドアを付けよう!!と言う目標がありました。
何?!なかったの?!と思うかもしれませんが、リネンのカーテンがふんわりと付いて
ました・・・・。家族だけだとあまり気にならなかったのですが、ある日兄嫁に、「い
い加減にトイレのドア作ったら・・・・」と言われ、「まずそこが一番先でしょ!!」
そっか、人の家じゃいやだよな〜と呑気に考えようやく作る事にしました。
仕事が落ち着いたある日、旦那さんがトントンと作り始めました。
上に余っているステンドグラスを入れ、開閉式の金具が余っていたのでそれも取り付け
パタパタと開き、ドアが閉まっていても風が通る様にしました。
ドアの横に、木枠で古い浪板硝子をはめ込みました。この硝子はもともとこの家を解体
した時にあった、古いサッシで蔵に古い建具などが沢山取って置いてあります。
昔の硝子は薄くてとても割れやすいので、実は一番上だけヒビが入ってしまいました。
ドアはアンティークのステンドグラスを入れて見ました。お花モチーフだとカントリー
になってしまうかな〜?とも思ったのですが、紫色のマーブル模様の硝子がとても奇麗
だったので、使ってみました。もう少し木の色が落ち着いてくればカントリーっぽくも
なくなるかな?と思います。
またまた釘を一個も使わず、旦那さんこだわりのドアになったのですが、ドア作りも
4枚目となるとなかなかうまくなってきました☆

ここに住み始めて1年半ようやくトイレのドアがつきました!
これでやっとりゅうに邪魔されずゆっくりできます(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/04(金) 16:02:00|
  2. 家作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。